AIが最適な加工条件を生成!形彫り放電加工機「ALシリーズ」

ソディックの形彫り放電加工機「ALシリーズ」。ベストセラー機「AGシリーズ」の後継機種として開発された本シリーズは、現在スマートフォンやタブレット端末、精密自動車部品の金型や部品加工などの現場で広く活用されています。

独自開発のリニアモータが誇る高速・高応答性な軸制御と同社が長年培った放電制御技術、そこに最新のAI技術が組み合わさることで従来機を超える高速・高精度な金型加工と部品加工を実現しています。

特徴

AIを活用した加工条件アドバイザ
加工アシスト機能(AI条件アドバイザ)「LN Pro AI」を標準搭載。
オペレータが入力した加工計画に対し、内蔵された放電基礎データと加工条件データベースが最適な加工条件を推論し、自動でNCプログラムを生成します。加工初心者でも簡単にNCプログラムの作成が行えます。

もちろん、生成されたNCプログラムはオペレータ側で編集できるので、ベテラン技術者がNCプログラムにアレンジを加えることも可能。加工スキルを問わず、機械の性能を最大限に引き出せます

自社製のNC装置「SP電源」を新開発
新開発の「SP電源」の採用によって通信速度・計算処理速度が大幅に向上。モーターの応答制御速度を従来比の2倍以上に高速化することが可能となり、荒加工・中仕上げ・仕上げ加工のすべての工程で20%以上の加工効率アップを実現しています。

放電安定システム「アークレス4」
最新の放電制御技術「アークレス4」回路を搭載。あらゆる加工環境において放電状態が安定して持続することでさらなる高速化、極限までの電極消耗抑制、梨地から鏡面までの多彩な加工面質の実現など、形彫り放電加工におけるパフォーマンスが飛躍的に向上しています。

多彩な自動化オプション
ATC仕様(オプション)による電極交換の自動化から、ロボットによる電極とワークの自動交換システムまで、多彩な自動化システムが用意されています。


PRポイント

リニアモーター駆動で実現した高速・高応答性
自社開発・自社製造の高出力リニアモーターをXYZの3軸に搭載。高速・高応答で「停止・加速・定速・減速・停止」が可能です。ボールねじ駆動では少なからずバックラッシが発生しますが、リニアモーターモーター駆動では、バックラッシは発生せず正確な軸移動が可能です。

高速ジャンプ加工
形彫り放電加工機は電流の大きさによって、1回のジャンプで彫れる深さが決まります。その上で加工時間を短縮するには、ジャンプのスピードを上げる必要があります。「ALシリーズ」はリニアモーターを活用することで高速な軸移動を行うことができるため、ボールねじ駆動と比べて高速かつ小刻みのジャンプが可能です。

自社設計・製造のセラミック部品を搭載
主軸リニアモーター駆動のスライド部に、軽量・高剛性で熱変位が少ないセラミックスライダを搭載しています。高い真直性とスムーズな駆動を実現し、深リブなど深彫りの加工の高速化・安定化に貢献します。

高速・高精度・高品位の加工を実現する形彫り放電加工機「ALシリーズ」。リニアモーターのメリットを最大限享受できる最新機種を、ぜひソディック本社ショールームでご覧ください。